2017年8月6日日曜日

よっこいしょういち

小学生の次男が近頃、少し重い物を運ぶ際、「よっこいしょういち」と言うようになりました。
次男に訊いてみたところ、Youtube で見た動画で覚えたとのこと。

「よっこいしょういち」は、昭和50年代の日本で流行ったギャグ。
第二次世界大戦の頃の日本軍の兵士だった横井庄一(よこい しょういち)という人の名前と「よっこいしょ」を引っかけた表現です。

横井庄一という人は、太平洋戦争(大東亜戦争)の終結を知らず、約28年間、グアム島で隠れ住んでいたそうです。

それにしても、2017年になって、子供が「よっこいしょういち」と言うのを聞くようになるとは思いませんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿